works

スタッフブログ

カテゴリ:戸田工務店の仕事

2022年07月02日C値が表すふたつの指標。。。

こんにちは!

Toda's Designスタッフの にしおです♪

いつもご訪問いただき ありがとうございます。

 

先日、現在建築中のお家で気密測定を行ないました!

今回のお家も【C値=0.1㎠/㎡】の測定結果↓

Inked2022.6.21佐久間邸気密測定値

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前にもお話ししたと思いますが、気密測定とは

実際にその住宅がどの程度の気密性能があるのかを

調べる検査で、強力なファンを使い建物内の空気を

外に出して住宅の隙間の量を計測します。

 

隙間の多い住宅では、その隙間から多くの外気が建物内に

流入してくるため、屋内と屋外の気圧の差があまり生じず、

隙間の少ない住宅では流入してくる外気が少ないので、

屋内と屋外の気圧差が大きくなります。

 

この気密測定により、住宅の隙間相当面積が算出され、

家の面積に対してどれくらいの隙間があるのかがわかるのです。

 

隙間相当面積は、一般的にC値」とも言い

住宅の気密性(隙間の量)を表す指標になるんですね(^-^)b

 

この「C値」が大きければ大きいほど、気密性能が低い住宅で

小さければ小さいほど、気密性能が高い住宅ということになります!

 

ハウスメーカーや工務店など、各建築会社によって

「C値」の必要性について見解に違いがあります。

その一番の理由は「C値について、国の基準がない」ということ。。。

 

隙間のない家(気密性の高い家)を実現するためには、

高い技術力と広い知識が必要になり技術力が低いと、

どんな高性能の材料を使っても施工精度が低くなり

隙間の大きな家になってしまいます(^-^;

そして技術力があっても隙間のない家づくりに必要な知識が

欠けてしまうと気密性の高い家づくりは実現できません!

 

そういった意味でも「C値」は、依頼する建築会社の施工品質を

確認できる指標にもなるのだと思いませんか??

 

隙間が大きいとそこから漏れた分だけ、外の不快な空気が

室内へ入ってくるため、暑い夏や寒い冬にかかる冷暖房費にも

大きく影響してきます。我慢することなく快適で省エネな家づくりを

実現するためにも「C値」は、とても大切な指標です!

 

 

国の基準がないから「C値」を表す必要がないのではなく

建築会社の技術力を確認するためにも「C値」は

大切な指標になるモノだとToda's Designでは考えています(^-^)

 

建築会社を選ぶ際には、そういった見えないモノにも

ぜひ注目してみてくださいね!

 

*にしお*

フェイスブックやインスタグラムなど

フォローや「いいね」をいただけると嬉しいです!

Toda's Design Facebook

Toda's Design Instagram

Toda's Design Pinterest

Toda's Design YouTube

過去のブログはこちら

バックナンバー

家具・照明・雑貨等も店舗にて販売中
  • スタッフブログ
  • 家づくりの基礎知識

ショップ情報

Toda's Design

Address 〒651-1132
兵庫県神戸市北区南五葉5丁目9-26 OPEN 9:00-17:00 定休日:日曜日・祝日
【 日曜日・祝日はご予約のみになります。】 株式会社 戸田工務店
併設 ヒローミング設計事務所

電話する

アクセスマップはこちら

Instagram

QRコードを読み取ると、<br>スマートフォンで閲覧できます。

QRコードを読み取ると、
スマートフォンで閲覧できます。

Toda's Design注文住宅、リフォームのことならなんでも下記のご連絡先からお気軽にご相談ください。

〒651-1132
兵庫県神戸市北区南五葉5丁目9-26
株式会社 戸田工務店
併設 ヒローミング設計事務所

アクセスマップはこちら

お電話でのお問い合わせ

078-593-7040

OPEN 9:00-17:00 定休日:日曜日・祝日
【 日曜日・祝日はご予約のみになります。】

メールでのお問い合わせ